新年あいさつ

子どもが子どもらしく学ぶことへの道筋を


新年おめでとうございます。皆様には、健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
旧年中は、教育行政の運営並びに活動に深いご理解とご協力を賜りまして、厚くお礼を申し上げます。

昨年は、加西市教育行政方針にも示されるとおり、学校施設耐震化事業、ヤングアドバイザー事業、オープンスクールや学校評議員制度による地域に開かれた学校づくり事業、スクールアシスタントの全校配置による個に応じた指導支援事業やその他の継続事業に加え、教育振興基本計画策定事業、こども手当支給事業、公民館自主講座事業等の新規施策も展開されました。

近年、教育行政の地方分権化が進められている中で、市町村教育委員会の果たすべき役割と責任は、各学校の自主性、自立性を生かした施策の取り組みを支援する方向に伴って一層拡大しています。

加西市においても少子化等、現代の子育てをめぐる社会状況は、極めて難しく、学校規模の適正化や幼保一元化等の避けては通れない課題も山積しております。新しい年を迎えるにあたり、新しい時代を切り拓く21世紀の加西市教育のあるべき姿を追求していく所存です。

子ども達は、限りない可能性を秘めた存在であり、その可能性を目いっぱい伸ばしてやる質の高い教育を築くための取り組みが求められています。一人ひとりの子どもの学ぶ権利を保障し、子どもが子どもらしく学ぶことの日常的な教育活動が大切だと感じています。

改正された教育基本法第13条においては、学校、家庭、及び地域住民等の相互の連携協力を新たに条文化し、教師、保護者、地域住民が三位一体となり、信頼関係に基づく教育の活性化の必要を唱えています。

子ども達にとってよりよい方向に進むよう教育環境づくりに取り組んでまいりますので、より一層のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

結びにあたりまして、新しい年が皆様方にとりまして幸多い年となりますよう心からお祈り申し上げまして新年のご挨拶といたします。

 

平成23年1月1日
加西市教育委員長 荒木 貴子

 

 

問合先 教育委員会 教育総務課
TEL:0790-42-8770 FAX:0790-43-1803 mail:kyoiku@city.kasai.lg.jp

Page Top