TOP暮らす>子どもを虐待から守るために

子どもを虐待から守るために

子どもたちは、未来を担うかけがえのない存在であり、大切な地域の宝です。
しかし、近年、虐待を受け、心身に大きな傷を負った児童が増加し、養育者の育児不安や心身の病気、経済的理由などにより、子どもたちが劣悪な環境に置かれている実態が浮き彫りになっています。
「虐待を受けたと思われる子ども」を見つけたときには、ためらわずに子どもを虐待から救う行動を起こしてください。
間違っていても、匿名でも構いません。
あなたからの連絡が、子どもを虐待から守るだけでなく、子育てに悩む保護者を救うための大きな一歩となります。

子どもを虐待から守るための5か条(厚生労働省リーフレットから)

  1. 「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告は国民の義務)
  2. 「しつけのつもり」は言い訳(子どもの立場で判断)
  3. ひとりで抱え込まない(あなたにできることから即実行)
  4. 親の立場より子どもの立場(子どもの命が最優先)
  5. 虐待はあなたの周りでも起こりうる(特別なことではありません)

「もしや?」と思ったら・・・

児童福祉法および児童虐待防止法では、児童虐待を受けたと思われる子どもを発見した方は誰でも、速やかに通告することを義務付けています。
虐待に気付いたり、または虐待の疑いがあると思われた場合は、下記までご連絡ください。

  • 加西市役所地域福祉課家庭児童相談室(家庭児童支援係)
     TEL:0790-42-8709(直通)(月曜日から金曜日、午前8時30分から午後5時15分)
  • 児童相談所(全国共通ダイヤル) 189(いちはやく)

相談した後は?

ご自身が「虐待しているのでは?」と不安になり、ご相談いただいた場合には、相談内容をしっかりと受け止め、安心して子育てができるよう必要な支援を一緒に考え、サポートします。
また、近所のお子さんの虐待を心配して、ご相談いただいた場合には、関係機関と連携を図りながら子どもと養育者への支援を行います。
なお、保護者等の了解がなくても、相談は守秘義務違反には該当しません。相談者のプライバシーは守られます。

児童虐待防止対応マニュアル

平成29年度に市民向け児童虐待防止対応マニュアルを改訂しました。
発見時の対応や早期発見のためのチェックリストなどを掲載しておりますので、子どもの安心・安全のため、広くご活用いただきますようお願いします。

問合先 健康福祉部 地域福祉課 家庭児童支援係
TEL:0790-42-8709 FAX:0790-43-1801 mail:kateijidou@city.kasai.lg.jp

Page Top