高齢者虐待について

高齢者虐待の定義

虐待は、暴力や拘束だけではなく、精神的・経済的な虐待も含まれます。
高齢者虐待防止法では、虐待を次のように定義しています。

  • 身体的虐待・・・身体に傷やアザ、痛みを与える行為を行う
  • 心理的虐待・・・脅しや侮辱の言葉、意図的な嫌がらせ
  • 経済的虐待・・・生活に必要な金銭を渡さない、使わせない
  • 介護の放棄・・・十分な食事を与えない、不衛生な環境で生活させる
  • 性的虐待・・・・下半身を裸にして放置する、性的な嫌がらせ
このような行為は、高齢者の人権を侵害するもので許されるものではありません。

虐待のサイン

高齢者虐待は、深刻な状態になるまでに何らかの「サイン」を周囲に発しています。
周りの人が、「虐待のサイン」を見逃さないことが大切です。

虐待が気になったら

高齢者への虐待は、加害者に自覚が無かったり、高齢者本人が遠慮をしていたりして、事実が分かりづらいことがあります。
もし、「変だな」と感じたら、ためらわずに長寿介護課または地域包括支援センターへご連絡ください。
相談や連絡をした人の個人情報は保護されますので、安心してご相談ください。

加西市高齢者虐待防止マニュアル

高齢者虐待を防止するため、虐待の発見、その対応等をまとめた「高齢者虐待防止マニュアル」を作成しています。

 

問合先 健康福祉部 長寿介護課 地域支援係
TEL:0790-42-8728 FAX:0790-42-8955 mail:kaigo@city.kasai.lg.jp

Page Top