TOP暮らす公民館への誘い北部公民館>自然と環境教室

自然と環境教室

開催概要

館外学習で植物の観察などを行い、自然体験を通して、環境について考えてみましょう。

講師 井上 博明 先生
日時 年間3回/初回:平成22年6月25日(金)
定員 新規生のみ 20名
参加費 年会費1,000円他、体験料など実費

開催内容

■平成22年10月29日(金)

写真 写真

第3回「自然と環境教室」を「加西の歴史を散策 石部神社と皇塚古墳」という学習テーマのもと開催しました。
まずは、公民館から歩いて上野町にある石部(いそべ)神社へ。その道中の何でもないようなところでも、講師の井上先生から別所城や草花のお話を聞くことによって、身近な場所が新鮮に感じられました。石部神社では樹齢千年・手植えと伝えられる大きな杉の木が迎えてくれ、またその東から山道を登ったところにある皇塚古墳を見学し、さまざまな植物を探しながら別の小道を下ってまた公民館まで帰ってきました。
これで今年度の教室も閉講。受講生の皆さんからは「来年もまた参加したい!」という声が聞かれました。

■平成22年9月29日(水)

写真 写真

第2回「自然と環境教室」を「自然災害の知識と対策、自然環境の保全におけるビオトープ」という学習テーマのもと開催しました。
公民館からバスに乗って、まずは三木市にある兵庫耐震工学研究センターへ。センターでは、実大三次元振動破壊実験設備「Eディフェンス」を見学し、自分たちの家屋も耐震対策により倒壊が防げることを学習しました。
車窓から三木総合防災公園を見学し、お昼ご飯をいただいた後は、大阪ミツカン三木工場のビオトープへ。ここでは、企業と地元住民が協働して里山の保全に取り組んでおり、その在り様についても学べる機会となりました。

■平成22年6月25日(金)

写真 写真

北部公民館では第1回「自然と環境教室」を開催しました。
講師の井上博明先生のもと、「生き物との共生」を学習テーマに、バスで養父市大屋町を訪問しました。大屋町では、蔵垣かいこの里交流施設や上垣守国養蚕記念館、大庄屋記念館を訪れ、養蚕の歴史や仕事の内容について学ぶことができました。
15人の参加者の皆さんからは、「養蚕農家の工夫された家屋の造りが興味深かった」「昔の人の蚕に対する愛情が感じられた」といった声が聞かれました。

 

 

問合先 北部公民館(祝日を除く月〜土曜日 9:00〜17:00)
加西市満久町230  TEL:0790-45-0103  FAX:0790-45-0886  mail:hokubu@city.kasai.lg.jp
Page Top