TOP暮らす>ご家庭の廃食用油の回収について

ご家庭の廃食用油の回収について

加西市は、平成19年度から環境・バイオマス行政の一環として、ご家庭の廃食用油の回収を実施し、バイオディーゼル燃料や薬用ハンドソープの原料として有効活用しています。市民の方々のご協力のおかげで、加西市における廃食用油回収の取り組みは順調に広がっています。
廃食用油の回収に関して、よく寄せられるご質問についてまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。
今後とも、市民の皆様のご協力を賜りますようお願いします。

よくあるご質問

Q1 回収された廃食用油はどのように利用されるのですか?

A 回収された廃食用油は、バイオディーゼル燃料(BDF)や薬用ハンドソープなどのリサイクル製品として生まれ変わります。バイオディーゼル燃料は、軽油の代わりとして利用することができるため、化石資源の消費によるCO2の排出抑制に貢献しています。


Q2 廃食用油は無料で回収してもらえるのですか?

A 無料で回収しています。


Q3 回収場所はどこですか?

A 回収場所は町ごとに、公民館・ごみターミナル等に定められています。詳しくはこちらをご参照ください。


Q4 回収日はいつですか?

A 校区ごとの「平成29年度家庭ごみ収集カレンダー」の「廃食用油」の記載がある日となります。詳しくはこちらをご参照ください。


Q5 回収方法を教えてください。

A 回収日の前日の17時から回収日の当日正午までの間、町ごとに定められた回収場所に廃食用油回収ボックスを設置します。廃食用油回収ボックスは回収担当が設置します。
ご面倒ですが、廃食用油をご家庭にあるペットボトルその他の容器に入れて回収場所までお持ちいただき、廃食用油回収ボックスに移し替えてください。

 

※ 写真のような廃食用油回収ボックスが設置されます。


Q6 廃食用油を移し替えた後のペットボトルその他の容器については、その場に置いておけば回収してもらえるのでしょうか?

A その場では回収できません。廃食用油専用容器として再利用ください。または、きれいに洗浄してペットボトルの回収日に改めてお出しいただくか、燃やすごみとして指定ごみ袋に入れて各町のごみターミナルに出してください。ご協力をお願いします。


Q7 動物性油(ラード・バター等)や機械用・工業用オイルの回収もできますか?

A 製造されるバイオディーゼル燃料の品質確保のため、回収は植物性の油に限らせていただいています。ご協力をお願いします。


Q8 常設されている廃食用油回収ボックスはないのですか?

A 以下の場所では、廃食用油回収ボックスを常設しています。いつでもお気軽に廃食用油をお持ちください。

  • 旧JA兵庫みらい西在田支店

Q9 廃食用油に揚げカスなどの不純物が入っていても大丈夫でしょうか?

A 製造されるバイオディーゼル燃料や薬用ハンドソープなどのリサイクル製品の品質確保のため、揚げカスなどの不純物はできる限り取り除いていただけると助かります。


Q10 回収量は、どのくらいですか?

A 皆様から回収した廃食用油の状況は、下表のとおりです。今後ともご協力をいただきますようお願いしたします。

■廃食用油の回収状況(単位:リットル)

回収先 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
一般家庭 974 3,904 9,283 11,313 10,989 11,697 10,967 12,073 12,595
公共施設 - 6,054 7,089 6,987 7,660 7,915 7,005 - -
市内事業所 - 34,710 45,493 39,890 35,790 38,450 34,248 - -
市内回収量 974 44,668 61,865 58,190 54,439 58,062 52,220 12,073 12,595
近隣市町 - 6,967 9,571 14,465 14,265 14,150 15,325 - -
その他事業所 - 22,524 32,624 34,130 38,985 40,510 73,850 - -
市外回収量 - 29,491 42,195 48,595 53,250 54,660 89,175 - -
合計 974 74,159 104,060 106,785 107,689 112,722 141,395 12,073 12,595


その他、ご質問等ございましたら、下記の問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

問合先 生活環境部 環境課
TEL:0790-42-8716 FAX:0790-42-6269 mail:kankyo@city.kasai.lg.jp

Page Top