TOP暮らす地デジ対応・テレビ電波障害>地デジチューナー等の支援について

地デジチューナー等の支援について

2011年7月24日までに、今までのテレビ放送(地上アナログ放送)は終了します。
それまでに、みなさまのテレビを「地上デジタル放送」対応に替えていただく必要があります。
地上デジタル放送の番組を見るためには、地上デジタルテレビに買い替えるか、お手持ちのアナログテレビに「地上デジタルチューナー」をつなぐなどの準備が必要です。
今回、そのための簡易なチューナーの無償給付などの支援を行います。

どんな支援ですか?

総務省では、経済的な理由で地上デジタル放送がまだ受信できない方に対して、簡易なチューナーの無償給付などの支援を行います。

支援の対象はどんな方ですか?

日本放送協会(NHK)の受信料が全額免除の世帯で、以下の世帯が対象となります。

  1. 生活保護などの公的扶助を受けている世帯
  2. 市町村民税が非課税となる障害者の世帯
  3. 社会福祉事業施設に入所されている方

支援の内容は?

イラスト

  1. 簡易なチューナーを無償で給付します。
    (※テレビは給付しません。)
    →今お持ちのテレビ(アナログテレビ)につなぐことで、地上デジタル放送を受信することができる簡易なチューナーを差し上げます。基本的に、お住まいまで訪問して設置し、操作説明を行います。
  2. アンテナ工事などが必要な場合はその支援も行います。
    →室内アンテナの無償給付、または屋外アンテナの無償改修などを行います。

支援の申込時期は?

締切日:平成23年7月24日(消印有効)
※平成23年4月1日以降の申込については、平成23年度予算の成立が前提です。

ご注意ください!

  • 支援を受けるには、NHKと受信契約を結び、受信料の全額免除を受けることが必要です。なるべく早めに契約手続などをお願いします。
  • 支援は現物給付です。ご自身で購入したチューナー、アンテナなどの清算はできません。
  • 共同受信施設の各世帯が負担する改修経費への支援は、施設の設置者(管理者)の協力をいただくことが原則となります。その上で、見積書などの工事関係書類や、請求書(または領収書)などの証拠書類が必要となります。
  • 地上デジタル放送が始まっていない地域の方は、デジタル放送開始後に支援を行うことになります。

「地デジ」に関する詐欺にご注意ください!

イラスト

テレビの地デジ対応や、アンテナ交換などを口実にした詐欺が発生しています。身に覚えのない工事や代金請求にはご注意ください。
地デジ対応に関して、総務省やテレビ局、その関係機関がお金を請求することは一切ありません。
このような請求を受けたときは、すぐには支払わず、総合通信局(総務省の地域機関)、お近くの警察署、または消費生活センターへご相談ください。

この支援について、より詳しくお知りになりたい方は下記ホームページの「受信機器購入等の支援Q&A」をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/digital/pdf/shienqa.pdf

問合先
総務省 地デジチューナー支援実施センター TEL:0570-033840
NHK視聴者コールセンター TEL:0570-000588
Page Top