TOP暮らすごみ>ごみの出し方

ごみの出し方

ごみターミナルへのごみの出し方

ごみの減量・分別・リサイクルは、ごみ処理施設や埋立処分場の収集処理経費の節約、及び地球環境保護につながります。
資源の消費を減らし、使える物は再利用し、リサイクルに協力して、最後に使えなくなったものをごみとして処理します。

■ごみターミナル利用のルール

  • ごみ(燃やすごみ、埋立ごみの2種類)をターミナルに出すときは、加西市指定ごみ袋で出してください。
  • 指定ごみ袋には、氏名を記入してください。
  • 指定ごみ袋に入れるごみの重さは、指定ごみ袋の種類に応じて次のとおりでお願いします。
    • 指定ごみ袋大の場合は、10キログラム以下
    • 指定ごみ袋中の場合は、8キログラム以下
    • 指定ごみ袋小の場合は、6キログラム以下
  • 資源ごみ(かん・金属類、ペットボトル、発砲スチロール・トレイ、紙パック等)は、透明又は半透明の中の見える袋で出してください。
  • 収集日の朝 8:30までにターミナルに出してください。 
  • 事業系一般廃棄物(内職も含む)はターミナルに出せません。直接クリーンセンターに持ち込んでください。
  • 家庭で出るごみは、ターミナルに出してください。

■ごみを出すときの注意点

  • ごみ袋の口はしっかりくくってください。※ガムテープ等ではとめないでください。
  • ごみ袋に入らない大きなものは、粗大ごみとしてクリーンセンターに持ち込んでください。
  • 生ごみはよく水を切ってから出してください。
  • 資源ごみは中を水洗いしてください。 ※小型家電は水洗いしなくて結構です。
  • びん類は、無色・茶色・その他の色に分別して出してください。
  • 紙パックは、開いて500ミリリットル、1000ミリリットル毎に束ねる。
  • ペットボトルは、キャップとラベルをとって足で踏んで小さくしてください。
  • 電池式の小型家電は、電池をはずし別の透明袋に入れて出してください。

野良犬や猫等の処理

交通事故等で死亡した野良犬や猫等の処理を市に依頼する場合は、次のとおりです。

■依頼手順

  1. 野良犬や猫等の死体を箱に入れ、箱に犬猫と表示してください。
  2. 最寄りのごみターミナルに置いてください。
  3. 置いたごみターミナルのターミナルナンバーを以下の問合先に連絡してください。
  4. 市が収集します。

 

問合先 生活環境部 環境課 ごみ対策係
TEL:0790-42-8719 FAX:0790-42-6269 mail:kankyoseibi@city.kasai.lg.jp

Page Top