TOP暮らす>マイナンバー「通知カード」と「マイナンバーカード」

マイナンバー「通知カード」と「マイナンバーカード」

マイナンバーとは

マイナンバー(個人番号)は、国民一人ひとりに付番される12桁の番号で、各機関が管理する個人情報を同一人物の情報として正確に確認するための基盤となります。
国や地方公共団体がそれぞれ管理する情報をスムーズに連携することで、さまざまな効果が見込まれています。
マイナンバーは生涯使うものです。番号が漏えいし、不正に使われるおそれがある場合を除き、生涯変更されません。

通知カードとは

■通知カードが廃止されました
令和2年5月25日に通知カードが廃止されました。
通知カード廃止後は、通知カードに記載されている氏名・住所等が住民票に記載されている最新の事項と一致している場合に限り、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用することができます。廃止後は、通知カードの再交付申請、氏名・住所等の券面記載事項変更の手続きができません。通知カードを紛失した場合や通知カードの情報が最新でない場合にマイナンバーを証明するためには、マイナンバーカードを取得していただくか、マイナンバー入りの住民票を取得していただく必要があります。

マイナンバーを通知する紙製のカードです。
通知カードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されています。通知カードには顔写真が掲載されませんので、本人確認の身分証明書とはなりません。本人確認の際は、運転免許証等の提示が必要になります。
お持ちの通知カードは、紛失しないように大切に保管してください。

10月5日以降に送付される通知カード(紙製)のイメージ
通知カード(紙製)のイメージ

■通知カードの有効期限

なし

 

マイナンバーカードとは

■マイナポイントを活用した消費活性化策
国において、令和2年9月からマイナンバーカードを活用した消費活性化策(マイナポイント)が予定されています。キャッシュレスでチャージまたはお買い物をすると、マイナポイント25パーセント(上限5,000円分のポイント)がもらえます。
マイナポイントを活用した消費活性化策

マイナンバーカードは、顔写真付きICカードで、希望者のみに交付されます。
カードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面にマイナンバーが記載されています。
本人確認のための身分証明書として利用できるほか、e-Tax等の電子申請が行える電子証明書も搭載されます。


マイナンバーカード(プラスチック製)のイメージ

■マイナンバーカードの有効期限

発行日から申請者の10回目の誕生日まで(20歳未満の者は5回目の誕生日まで)

■マイナンバーカードに関する手続き

 

「住民基本台帳カード」から「マイナンバーカード」へ変わりました

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、現在の住民基本台帳カードの発行は平成27年12月末をもって終了となりました。
ただし、すでに発行された住民基本台帳カード(住基カード)は、カードに記載された有効期限まで、身分証明書として使用できます。

■電子証明書の有効期限について

住基カードに電子証明書を格納されている方は、電子証明書の有効期限まで電子証明書を使用できます。
新たに、 電子証明書を取得または更新する場合は、マイナンバーカードを取得していただく必要があります。

問合先 健康福祉部 市民課 市民係
TEL:0790-42-8720 FAX:0790-43-8045 mail:shimin@city.kasai.lg.jp

Page Top