TOP暮らす税金>農業所得の申告について

農業所得の申告について

農業所得の申告にはすべて「収支計算」が必要です

平成18年分の所得税の確定申告から、農業所得標準が全面的に廃止されました。
これに伴い、農業所得の計算は全て、収入金額から必要経費を差し引く「収支計算」 によって申告していただくことになっています。

収支計算とは

「収入金額」から「必要経費」を差し引いて「所得金額」を計算する方法です。
収入金額−必要経費=所得金額

収支計算は難しいものではありません

収支計算をするには、出荷伝票や仕切書などの収入金額のわかる書類と、請求書や領収書などの必要経費のわかる書類を保存して、それをノートなどに記録し、集計していただければ、比較的簡単に計算することができます。

収支計算の方法や記帳の仕方などがわからない方は、社税務署個人課税部門(TEL:0795-42-0223)に気軽にお尋ねください。

収支計算の手順

  1. 取引の記録を保存する
    出荷伝票や納品書の控えなどの収入に関する書類と、請求書や領収書などの必要経費に関する書類を保存します。(平成26年1月から全ての事業者に記帳・帳簿等の保存が義務付けされました
  2. ノートなどに集計する
    保存された書類から、ノートなどに記載して、科目別に集計します。(できれば月別に)
  3. 1年間の合計をまとめる
    科目別に1年間の合計をまとめます。
  4. チェックや決算修正を行う
    集計忘れがないか、経費にならないものが入っていないか、計算誤りがないかなどをチェックします。
  5. 収支内訳書を作成する
    決算修正を終えた科目別の合計金額を収支内訳書に記載して、農業所得の金額を計算します。

農業所得の計算に係る減価償却費の計算方法が変わりましたのでご注意ください

  • 平成19年4月1日以後に取得した減価償却資産については、償却可能限度額及び残存価額が廃止され、1円まで償却することとされました。
  • 平成21年分の申告から、農業用設備に係る耐用年数が一律7年に変わりました。

詳しくは、次のリンクページをご覧ください。

農業所得のための収支計算のしおり

収支計算をしていただくうえで、ご参考のために「収支内訳書(農業所得用)」「農業所得のための収支計算のしおり」を掲載していますので、ダウンロードしてご活用下さい。

 

問合先 総務部 税務課 税制係
TEL:0790-42-8712 FAX:0790-42-5700 mail:zeimu@city.kasai.lg.jp

Page Top