TOP暮らす税金軽自動車税>軽自動車税Q&A

軽自動車に関するQ&A

Q:年度途中で軽自動車を廃車した場合、支払い済みの税金はどうなりますか?

A:軽自動車税は、4月1日現在登録されている人に対して、その年の年税として、課税されます。したがって、4月2日以降に軽自動車等の譲渡や廃車の手続きをされても、4月1日現在は所有されていますので、年税額を納めていただかなくてはなりません。
逆に、4月2日以降に登録の手続きをされた人は、4月1日現在は所有されていないことになりますので、その年の税金は課税されず、翌年度より課税されるようになります。
なお、軽自動車税は年税なので月割制度はなく、年度途中に廃車の手続きをされても、その年の税金はそのまま課税され、還付はありません。翌年度より課税はなくなります。

Q:納税証明書を請求するにはどうすればいいですか?

A:軽自動車の継続検査(車検)をうけるには、軽自動車税の納税証明書が必要となります。

軽自動車税を納付書(納税通知書兼用)で納めた場合 その領収書が納税証明書となります。
口座振替で納付した場合 毎年6月中旬に送られてくる納税証明書(圧着ハガキ)が証明書となります。
督促状、催告状で納めた場合 税務課窓口にて納税証明書を発行します。(納付後すぐの発行は領収書をご持参下さい)
納税証明書を無くしてしまった場合 税務課窓口にて納税証明書を発行します。(無料)

Q:原付バイクが盗難にあってしまいました。どうすればいいですか?

A:ナンバ−プレ−トを市へ返還しない限り、軽自動車税はかかります。しかし、盗難、紛失に限り、返還は不可能なので、まず、警察で、被害届の申請をしていただきます。申請後、被害届の受理番号をメモ書きしていただき、それと印鑑をもって税務課窓口で抹消申請の手続きをしてください。

Q:ナンバ−プレ−トを返還しないまま、原付バイクを解体してしまいました。どうすればいいですか?

A:解体したことを証明するもの(主に解体証明書)と印鑑を持って、税務課窓口で抹消申請の手続きをしてください。

Q:ナンバ−プレ−トを変更しないで、原付バイクの名義変更をしたいのですが、どうすればいいですか?

A:現在の所有者がお持ちの標識交付証明書(登録票)と新所有者の印鑑及び譲渡証明書を持って、税務課窓口にて名義変更の手続きをしてください。
なお、ナンバ−プレ−トを変更される場合は、現所有者がつけているナンバ−プレ−トもあわせてお持ちください。

Q:原付バイクをもって、市内に転入、市外に転出するのですが、その時の手続きはどうすればいいですか?

A:原付バイクは、転入・転出された場合、転入先のナンバープレートをつけなくてはなりません。その場合、旧住所地で廃車の手続きをして、廃車証明書を交付してもらい、新住所地の市町村で新規登録すれば、新しいナンバ−プレ−トが交付されます。しかし、旧住所地が遠方にある場合等、上記の手続きが困難な場合に限り、新住所地にて旧住所地のナンバ−プレ−トと標識交付証明書(登録票)を提出することにより新しいナンバ−プレ−トが交付されます。

Q:軽自動車の所有者変更、住所変更、廃車をするにはどうしたらいいのですか?

A:軽自動車等を取得したり、所有者が転居した場合などは、その日から15日以内に、また軽自動車等を廃車・売却などした場合には30日以内に次のところに申告してください。

車種 申告場所
原動機付自転車
(125cc以下のバイクなど)
小型特殊自動車
(トラクターなど)
加西市役所税務課
加西市北条町横尾1000
TEL:0790-42-8712
※登録・廃車・名義変更の手続きはこちらをご覧ください。
3輪以上の軽自動車 軽自動車検査協会兵庫事務所姫路支所
姫路市飾磨区中島福路町3313
TEL:050-3816-1848(コールセンター)
2輪の軽自動車
2輪の小型自動車
神戸運輸管理部姫路自動車検査登録事務所
姫路市飾磨区中島福路町3322
TEL:050-5540-2067


問合先 総務部 税務課 税制係
TEL:0790-42-8712 FAX:0790-42-5700 mail:zeimu@city.kasai.lg.jp

Page Top