TOP暮らす税金>軽自動車税

軽自動車税

軽自動車税を納める人

賦課期日(4月1日)現在、市内に主たる定置場のある原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車・二輪の小型自動車等を所有している人。なお、割賦販売契約により購入した場合で、所有権がまだ売り主にある場合は、買い主である使用者。

税額について

軽自動車税の税率について、次のとおり改正されます。

1. 三輪及び四輪以上については、平成27年4月1日以降に購入された新車と、最初の検査から13年を経過した車両が、また、原動機付自転車及び二輪車等については全車両が税率改正により増額の対象となっています。

■原動機付自転車及び二輪車等(平成28年度課税から)

車両区分 現行税率 改正税率
原動機付自転車 50cc以下(白色ナンバー) 1,000円 2,000円
50cc超 90cc以下(黄色ナンバー) 1,200円 2,000円
90cc超 125cc以下(桃色ナンバー) 1,600円 2,400円
ミニカー(水色ナンバー) 2,500円 3,700円
被けん引車(ボートトレーラー) 2,400円 3,600円
二輪の軽自動車(125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車(250cc超) 4,000円 6,000円
小型特殊自動車 農耕用 トラクター 1,600円 2,400円
コンバイン 1,600円 2,400円
その他 1,600円 2,400円
その他 フォークリフト等 4,700円 5,900円

■四輪及び三輪の軽自動車

車両区分 税制改正後の税率 (1)、(2)以外の車両
(1) (2)重課
三輪 3,900円 4,600円 3,100円
四輪以上 乗用 営業用 6,900円 8,200円 5,500円
自家用 10,800円 12,900円 7,200円
貨物用 営業用 3,800円 4,500円 3,000円
自家用 5,000円 6,000円 4,000円

(1) 平成27年4月1日以後に新規検査した新車
(2) 最初の新規検査から13年を経過した車両
※(1)は平成27年度課税から、それ以外の改正は全て平成28年度課税から適用

2. 平成27年度中に新規登録をした新車のうち、一定の燃費性能に応じた軽四輪車等は軽減の対象となっています。

車両区分 税制改正後の税率
(1) (2) (3)
三輪 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

※平成28年度課税のみ適用
(1) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)
(2) 乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車  貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車
(3) 乗用:平成32年度燃費基準達成車  貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車
((2)・(3)は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。)

納める方法

賦課期日(4月1日)現在、軽自動車を所有している人が市から送付される納入書により納め ます。

軽自動車税の減免

軽自動車税の減免は、障がいの程度によって減免が受けられないケースがありましたが、身体障がい者または精神障がい者等の自立支援及び社会生活の利便を図り、社会活動の場が広がることを後押しするため、身体障がい者等が利用する軽自動車等の減免の範囲を拡充しました。

■減免対象者の範囲

  1. 身体障害者手帳をお持ちの方
  2. 療育手帳をお持ちの方
  3. 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  4. 戦傷病者手帳をお持ちの方

■減免の対象となる軽自動車等

  1. 上記対象の方が所有し、自らが運転する場合
  2. 上記対象の方が所有し、生計を同じくする方が運転する場合
  3. 生計を同じくする方が所有し、上記対象の方が運転する場合
  4. 生計を同じくする方が所有し、その方が運転する場合
  5. 上記対象の方のみで構成する世帯(単身世帯を含む)の方が所有し、常時介護する方が運転する場合

■減免手続き

毎年、減免申請書の提出が必要です。

申請書ダウンロード

その他手続き等

問合先 総務部 税務課 税制係
TEL:0790-42-8712 FAX:0790-42-5700 mail:zeimu@city.kasai.lg.jp

Page Top