TOP暮らす税金固定資産税・都市計画税>固定資産税の縦覧制度・閲覧制度について

固定資産税の縦覧制度・閲覧制度について

固定資産税の縦覧制度・閲覧制度

■縦覧できる内容

市で課税している全ての土地または家屋の評価額などを記載した縦覧帳簿を見ることができます。記載項目については次のとおりです。

  • 土地縦覧帳簿・・・土地の所在、地番、地積、地目、固定資産の評価額(税額及び課税標準額は除く)
  • 家屋縦覧帳簿・・・家屋の所在、家屋番号、床面積、建築年、種類、構造、固定資産の評価額(所有者・税額・課税標準額等は見ることはできません。)

■縦覧できる方

固定資産税の納税者本人又は本人の委任を受けた代理人に限ります。
なお、縦覧できる方かどうかの確認のため、納税者本人などの確認のできる書類(当該年度納税通知書兼課税明細書又は身分証明書(運転免許証など))の持参をお願いします。
また本人の委任を受けた代理人については納税者からの委任状と身分証明書(運転免許証など)が必要となります。

■縦覧期間

平成28年4月1日(金)〜5月2日(月) 平日 8:30〜17:15

■閲覧できる内容

固定資産税の納税者本人・借地人・借家人等または委任を受けた代理人。
納税者本人であれば当該年度納税通知書兼課税明細書又は身分証明書(運転免許証など)、借地人・借家人については賃貸借契約書/地代家賃支払帳(領収書)等、閲覧できることを証明できる書面のご持参をお願いします。
また本人の委任を受けた代理人については納税者からの委任状と身分証明書(運転免許証など)が必要となります。

■閲覧期間

平成28年4月1日(金)〜平成29年3月31日(金) 平日 8:30〜17:15

■縦覧・閲覧場所及び問合先
税務課(加西市役所2階) TEL:0790-42-8713

固定資産の評価額に対する不服審査制度

固定資産の評価について不服のある場合は、固定資産評価 審査委員会に審査の申出ができます。

■対象者

固定資産税の納税者又はその代理人

■審査の申出ができる事項

固定資産課税台帳に登録された価格

■審査の申出ができる年度

審査の申出は基準年度(3年に1度の評価替えの年度)に限られます。

ただし、次の場合は基準年以外でも申出を行うことができます。

  • 家屋の新築や土地の分筆などにより新たに価格等が固定資産課税台帳に登録された場合
  • 家屋の増改築や土地の地目の変換等によって前年度の価格からその価格が変わった場合
  • 家屋の増改築や土地の地目の変換等によって評価替えをすべき旨を申し立てる場合
  • 地価の下落により土地の価格が修正された場合
  • 地価の下落に伴う土地の価格が修正されなかった土地について修正されるべきである旨を申し立てる場合

■期間

固定資産課税台帳に価格を登録した旨の公示日から納税通知書を受け取った日後60日以内。

ただし、すでに登録された価格が後に修正された場合は、その通知を受けた日から3ヶ月以内であれば、申出を行うことができます。

■問合先・申込先
加西市固定資産評価審査委員会事務局(加西市役所4階) TEL:0790-42-8781

固定資産税について

 

問合先 総務部 税務課 資産税係
TEL:0790-42-8713 FAX:0790-42-5700 mail:zeimu@city.kasai.lg.jp

Page Top