TOP暮らす国民健康保険>高齢受給者証

高齢受給者証について

高齢受給者証

70歳になられた方は「後期高齢者医療制度」に切り替わるまでは、下記の所得区分に応じた負担割合で診療を受けることができます。
70歳の誕生日の翌月から使っていただく「高齢受給者証」は誕生日月の下旬に郵送させていただきます。医療機関の窓口では保険証と一緒に「高齢受給者証」をご提示ください。
ただし、誕生日が1日の方は誕生日月の前月下旬に郵送され誕生日月から使っていただけます。

所得区分

所得区分
負担区分 要件
現役並み所得者 同一世帯に住民税課税所得(調整控除が適用される場合は控除後の金額)が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。ただし、70歳以上75歳未満の国保被保険者の収入合計が2人以上で520万円未満、1人で383万円未満の場合は、申請により、「一般」の区分と同様となります。
また、同一世帯に後期高齢者医療制度に移行する人がいて現役並み所得者になった高齢者国保単身世帯の場合、住民税課税所得が145万円以上かつ収入383万円以上で同一世帯の旧国保被保険者(※)も含めた収入合計が520万円未満の人は、申請により、「一般」の区分と同様となります。
※旧国保被保険者とは、後期高齢者医療制度への移行に伴い、国保を抜けた人を指します。
●平成27年1月以降新たに70歳となった国保被保険者のいる世帯のうち、基礎控除後の「総所得金額等」の合計額が210万円以下の場合は「一般」の区分と同様となります。
一般 現役並み所得者・低所得者I・低所得者II以外の方
低所得者II 同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人(低所得者I以外の人)。
低所得者I 同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

負担割合

負担割合
負担区分 負担割合 1か月の自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
現役並み所得者 3割 44,400円

80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算 ※1

一般

昭和19年4月1日以前生まれの方:1割

昭和19年4月2日以降生まれの方:2割

12,000円 44,400円
低所得者II※2 8,000円 24,600円
低所得者I※2 15,000円

※1 過去12か月に4回以上の限度額を超えた分の支給があった場合、4回目以降は44,400円となります。(外来は除く)
※2 低所得IとIIの方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。国保医療課の窓口で申請してください。

問合先 健康福祉部 国保医療課
TEL:0790-42-8721 FAX:0790-42-1792 mail:kokuho@city.kasai.lg.jp

Page Top