TOP暮らす国民健康保険>療養費について

療養費について

療養費とは

被保険者が、緊急その他やむを得ない理由により、病院、診療所で保険給付を受けずに自費で診療を受けたとき、及び、保険医が治療上必要があると認めて関節用装具、コルセット等を装着された場合、その費用の限度内で療養費として支給します。

療養費の支給されるのはこんなとき

次のような場合で医療費の全額を支払ったときは、申請により国保が審査し、認められれば、決定した額の7割(または9割)があとで支給されます。

こんなとき 申請に必要なもの
急病など、緊急その他やむえない理由で、医療機関に保険証を提出できなかったとき 。
  • 診療報酬明細書(レセプト)
  • 領収書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳
コルセットなどの治療用補装具を購入したとき。
  • 補装具を必要とした医師の意見書
  • 装具装着証明書
  • 領収書
  • 領収明細書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳
骨折、ねんざなどで柔道整復師の施術をうけたとき。
(国保の取扱いをしている柔道整復師の場合は、医療機関と同様に一部負担金で施術がうけられます。)
  • 施術内容と費用が明細な領収書等
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳
医師が必要と認めた、はり・きゅう・マッサージをうけたとき。
  • 医師の同意書
  • 領収明細書
  • 保険証
  • 印かん
  • 預金通帳
海外で医療を受け、全額自己負担したとき。
  • 診療内容明細書(Attending Physician's Statement)
  • 領収明細書(Itemized Receipt)
  • 上記の書類が外国語で書かれている場合は、日本語の翻訳文(翻訳者の住所・氏名も記載)

 

問合先 健康福祉部 国保医療課
TEL:0790-42-8721 FAX:0790-42-1792 mail:kokuho@city.kasai.lg.jp

Page Top